TOKYO PARALLEL FRONTIER
 

@カマタは点在する空間/不動産、人/スキル、文化/記憶などのリソースを繋ぎ合わせ、エリア全体をクリエイティブな環境に変えることをミッションにしたまちづくり、不動産、建築、アート、デザイン、プロダクトに関する企画開発を実践する会社です。

@KAMATA is a company of creators specializing in area development, real estate, architecture, art, design, and products with a mission to connect scattered local resources such as space/real estate, actors/skills, culture/memory and transform the entire area into a creative environment.

VISION

クリエイティブなまちと暮らし

Creative Neighborhoods and Everyday life

@カマタが考えるクリエイティブとは、過去に学び、未来を想像し、今日という日々を楽しく創意工夫しながら生き抜いていくチカラのことです。クリエイティブな状況は、最先端の表現・技術の中から、何気ない人々の会話の中から、そしてどこにでもある路地裏の隙間から、あらゆるところで発見され社会を支え、よりよい未来をつくると信じ、@カマタはそうしたチカラに溢れたまちと暮らしを構想し実現していきます。

@KAMATA's notion of "creativity" is the ability to learn from the past, imagine the future, and survive  every day with joy and ingenuity. @KAMATA believes that creative situations are found everywhere, in cutting-edge expressions and technologies, in everyday conversations with people, and in the back alleys of every corner of the neighborhood, and that they support our society.

MISSION

​点在するリソースをつないでいく

Connecting Local Resources

@カマタは、東京都大田区旧蒲田区を中心に活動をはじめました。しかし、活動を続けていくなかで、「エリア」とは行政範囲で捉えられるものではなく、リアルとヴァーチャル、ローカルとグローバル、ハードウェアとソフトウェアなど様々な水準で混ざり合いながら展開し、広がりを持っているものだということを学びました。@カマタは「蒲田」や「大田区」に限定されることなく、不動産/空間、人/スキル、文化/記憶を資源として、異質なものを含め様々なものを繋いでいくことによってクリエイティブなまちと暮らしを創出していきます。

@KAMATA started its activities mainly in the former Kamata Ward in Ota Ward, Tokyo. However, through the process, we learned that "area" is not something that can be captured within the scope of administration, but is something that develops and expands at various levels such as real and virtual, local and global, hardware and software. @KAMATA will not be limited to "Kamata" or "Ota Ward", but will create a creative town and lifestyle by connecting various things including real estate/space, people/skills, culture/memory, and other heterogeneous things.

SERVICE

1/

エリア開発企画

AREA PLANNING

AND DEVELOPMENT

2/

プロダクト開発企画

PRODUCT DESIGN

AND DEVELOPMENT

3/

プログラム開発企画

PROGRAM DESIGN

AND OPERATION

WORKS